体彩十一运夺金11选5走势图

中日青少年交流推進年 中國の大學生が自分の思いを語る!

2019-04-18 16:34:19

 

大中物産株式會社と中國伝媒大學の共同主催による「2019年度?大中物産杯日本語弁論大會」は、413日に北京で行われた。今回は北京と天津の大學から1000人近くの応募があり、當日は初級の部10人と本戦16人がそれぞれ決勝戦に臨んだ。本戦の決勝戦で學生たちは、「日本語 ここがおもしろい」「AIの未來」「スマホがなかったら」の三つのテーマから一つを選んで弁論を行った。結果、「AIの未來」についてスピーチした対外経済貿易大學の李浄宇さんが優勝した。上位3人と特別賞受賞者の合計4人は日本に招待される予定。

 

大中物産株式會社の田中大三専務取締役(右)と優勝者の李浄宇さん

本大會は今年で13回目になる。中日関係がぎくしゃくしていた2007年に、両國の友好事業に力を注いでいた東京都日本中國友好協會顧問の西園寺一晃氏は、大中物産株式會社の河窪博史代表取締役社長に同大會の開催を提案し、前向きな反応を得た。同社の田中大三専務取締役は、大會を支持する理由をこう語る。「弊社は198090年代から中國と取引を始めたが、當時はコミュニケーションがうまく取れず、ビジネスが順調に進まないことがあった。これからも日本語を勉強する方々を応援し、ビジネスだけでなく、他の分野でも日中関係がより良くなるよう祈る」

同大會は中日関係が低迷していた時期も続いてきた。中國伝媒大學広告學院の丁俊傑院長は、「本大會はすでに北京?天津における最も影響力のある日本語大會の一つになり、両國青少年の相互理解を深める場所を作り上げた」と述べた。

 

弁論を行う參加者たち

中日青少年交流推進年に當たる今年の大會は、以前よりさらに重要な意味を持つ。大會の審査員長で、人民中國雑誌社の王衆一総編集長は次のように指摘した。「全體的に見て、今年の參加者はレベルが高く、地域間?大學間の実力差も小さくなった。同大會が今後も中日友好により大きな役割を果たしていくことを願う」

優勝者の李浄宇さんと準優勝者の柳一錫さんは、「卒業後も語學の勉強に勵み、通訳になって両國の交流に力を入れたい」とそれぞれ抱負を語った。

西園寺氏は「日本の若者は、同大會の訪日受賞者との交流によって中國への理解を深め、中國の大學生がとても優秀だと感じたことで、中國への見方が変わった」と述べ、次のように提案した。「より多くの日本の若者を中國に送り、中國人の家庭でホームステイして、普通の中國人の日常生活を體験してもらいたい」

人民中國インターネット版 2019418

関連文章
日中辭典:

体彩十一运夺金11选5走势图 有多少人靠时时彩过日 北京时时规律时间表 查看今晚特马开多少号 快三单期计划 湖北快三遗漏数据统计下载 管家管婆四不像 福彩欢乐生肖开奖 数学课程 广东快乐十分玩法 重庆时时彩系统乱了吗